ヤフーオークションにはまってます

0
    ヤフーオークション

    ヤフーのIDを取得後、ヤフーの待ち受け画面からオークションと打ちます。
    私は、昔絵を描いていたことがあり、そのころ買えなった画集を
    大人買いしてみたくなりました。
    オークションには、いろいろなジャンルがあり、子供のころや、学生時代に手に入らなかったものを手に入れることが出来ます。
    オークションのシステムは簡単に出来ていて、入札金額を書き入れてサインインすると、確認メールが届きます。それより高値で入札した人が現れるとその知らせもメールで届きます。もちろん落札した、おめでとうメールもすぐ届きます。
    オークション終了間際の気持ちは、少しどきどきして素敵です。
    決済の方法もとてもよく出来ていて、安心です。
    ジャパンネット銀行の手続きをして、カードを手に入れておくと便利です。
    ジャパンネット銀行同士なら振込み料が、52円とお得です。
    普通の銀行の手数料の高いこと・・
    次回は、インターネットの闇の部分・・怖いですね

    退職後のインターネット ビデオ屋さんに行かなくなりました。

    0
      ビデオ屋さんに行かなくなりました。

      きっかけは、近くにあったレンタルビデオショップが、突然閉店したことにありました。
      しばらくは我慢していましたが、昔からの映画好きです。新作を何本か映画館で見ましたが、当たり外れもあり、お金も結構かかります。
      1本1700円でした。シネコンなどの集中している映画館の上映中の映画の半分以上は、子供向きで事実、子供がいっぱいです。
      これはかなわんなー
      そんな時、インターネットで見られる映画、オンラインシアターを知人に紹介されました。
      ヤフーの待ち受け画面から、映画をクリック
      必要事項をヤフーウオレットに登録すれば、100タイトルほどの、懐かしい映画が1ヶ月1000円以内で見ることが出来ます。
      これは、かなり楽しんでいます。昨日は、スティブマックイーンのシンシナティーキッドをみました。オンラインシアターここからあのころは、まだ子供だったなーと、しみじみしました。
      次回は、少しはまっている、ヤフーオークションについて、

      本屋さんに行かなくなりました。

      0
        本屋さんにも、ビデオ屋さんにも行かなくなりました。
        私は、本を読むのがわりと好きです。常時3−4冊の本を、朝はこの本、寝るときはこの本と、分けて読んでいます。本屋さんも、あのデパートのは好きなものが見つからないとか、あそこは、店員さんの応対がなー・・と、今までは、いろいろありました。
        本屋さんの、あの独特の雰囲気は好きなのですが・・・
        今はあまり行きません。”アマゾン”で買っています。
        このインターネット上の本屋さんは、とにかく便利です。
        作者名やタイトル名で、簡単に検索してくれますし、支払いもカードを登録しておけば、とてもストレスなく便利です。おまけに探している本の古本も紹介してくれます。発注して届くのも早いです。
        一度、トライしてみてください。検索窓に アマゾン と打てばサイトが出てきます。
        今は、本とCDは、もっぱらアマゾンからです。
        探すのが困難な本ほど、その効果がありますよ。
        次回は、ビデオ屋さんのこと。

        テレビも見なくなりました。

        0
          毎日見ていたテレビも、あまり見なくなりました。
          テレビの一番の欠点は、テレビ番組に自分の大切な時間を合わせなくてはいけないことです。
          私の理想は、番組表の見たいタイトルを時間のあいているときにクリックしてその番組を見る、こんなスタイルです。
          通信とデータの違いとでも言いましょうか。

          今は各人が、ビデオやDVDに落として、自分のテレビライフをカスタマイズしていますね。(これも通信をデータに置き換えている)
          先日も、わが国の大臣が、国営放送の放送したデータについては、無料で開放すべきだ、という発言がありました。
          とにかく放送の世界にも、データの無料開放の波がやってきています。
          これも、グーグルがやってくれそうです。

          仕事から帰って当たり前のようにビールとセットでつけていたテレビも
          スポーツ観戦のほかは、本当に見なくなりました。
          データは必要です。しかし、垂れ流しの通信は・・・?


          本屋さんにも、ビデオ屋さんにも行かなくなりました。これは次号に・・

          グーグルで変わった生活

          0
            新聞をとらなくなりました。

            グーグルニュース(この字で検索してみてください)というのがあります。
            このヘッドライン(見出し)の充実振りはどうでしょうか。とても見事です。アメリカ版や中国版などもあり、各国の今日のヘッドラインが、ジャンル別に見ることが出来ます。
            もちろん見出しをクリック刷れば記事の詳細も読むことが出来ます。
            これが無料のサービスです。
            補足したいジャンルは、メールマガジン(マグマグと打ってみて)から経済や、金融・株式などを選んで読んでいます。
            登録して読むのも簡単ですし、解約も一瞬です。
            これも無料のサービスです。
            (有料のものもありますが明記してあります)
            新聞をチェックするのは自分の知識のためでなく、大衆が何を情報として今、得ていることを知るためだと、ある会社のトップが言っていました。
            妙に納得したことを、覚えています。

            グーグルがつれてきた新生活

            0
              グーグルが新しい方法を連れてきた。

              インターネットを使っていると、自分の契約したポータルサイト
              (インタネットのマークをクリックして最初に表示される画面)
              のなかにあるメニューから、いろいろ選んで、(政治とか経済とかスポーツとか)その中の記事を読んだり、探したいカテゴリーから参照記事に飛んでみたりしますね。

              しかし慣れてくると、いきなり検索窓(長四角の白い窓)に、探したものの言葉を入れるようになります。
              これを、キーワード検索といいますが、この仕組みを作ったのがグーグルだそうです。
              このグーグルってのが、かなりすごいんです。
              次号は、グーグルの遊び方を書いてみたいと思います。

              テレビとインターネットの違い

              0
                テレビとの違い

                お正月を、思い浮かべてください。
                テレビの前に、寝そべって、ただ流れてくる映像をCMを、日がな一日眺めていたことはありませんか?
                やることといったらチャンネルを変えてみるだけで、
                決して自分から選んだ能動的な作業ではありませんね。

                これが毎日だと思ったらぞーとしませんか?

                インターネットの世界は、あなたから動く、
                能動的な世界といえると思います。
                パソコンの前にいて、世界とつながっている実感を味わってください。
                かなりわくわくしますよ。

                私たちを取り巻く環境

                0
                  私たちを取り巻く環境

                  私たちの子供のころから比べたら、道路に穴は開いていないし、都市部に行けば、小学校のときに描いた未来図のような景色が当たり前のように見えます。
                  住んでいる地域には、大きな箱物の公民館や、プールなんかも出来ました。

                  しかしこの10年で、一番進んだインフラは、インターネットの世界のようです。
                  この世界を知るのと知らないとでは、引退後の楽しみがぜんぜん違ってきます。
                  私の知っていることは、ほんの少しですが、日々勉強もしているので、
                  新しい情報もお伝えできればと思っています。

                  インターネットの北限は?

                  0
                    インターネットの年齢の北限(年齢の上限)は、いくつ

                    携帯の扱いは手馴れたものでも、パソコンのメールや扱いになると困惑している若い人も良く見かけますが・・・

                    ○からだの衰えが目に表れる年齢
                    ○ウィンドウズが上陸したときに、パソコンに触っていた年齢
                    (16インチのフローピーディスク見たことがありますか)
                    ○文書を、ワープロで打つのが普通になっている年齢。
                    (昔は、ワープロ専用の器械がありました)
                    たぶん50から60歳くらい でしょうか?

                    例外を、お知りでしたらお教えください。





                    退職後のインターネット

                    0
                      退職後のインターネット
                      おはようございます。
                      新しく”退職後のインターネット”を開設したJINです。

                      電車通勤していると、携帯を持っている年配者は増えましたが
                      よく見ると、携帯でメールを打っている人の年齢の上限はまだ、かなりひくいようです。
                      ましてや若い人のように、携帯で調べ物をしたり、買い物をしたり、銀行振り込みをしたり、オークションに参加したりなんてことは、あの小さな器械では、とても無理のようです。
                      私は、本を読んだり、携帯でメールを打つときは、メガネを片手であげて、のぞきます。

                      インターネットを使いこなしている年齢の上限は、何歳なのでしょうか、


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:450 最後に更新した日:2016/04/27

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM