携帯のメールアドレス

0
    若い人と違って、40才以上の男女のメールには
    限られた人しか来ません。

    したがって ダイレクトマーケッティングに
    各社が集めたいアドレスになっています。

    メールのあまり来ない中年以上の人に
    直接 語りかけられるのですから
    これは 効果がありそうです。

    この営業に長けているのが
    キャバクラやバーのお姉さんだそうです。

    NTT経由で電話番号に直接メールを送るサービスが
    緊急用にあるそうで、これを使ってメルアドを
    集めるのだそうです、

    古いパソコンの捨て方

    0
      使わなくなったパソコンは
      捨てるか売るかを考えます。

      まだいけると思ったときは
      ソフマップなどの業者に持っていって査定を受けます。
      大手 電気店などの場合、下取りセールなどを
      やっているときがありますから、
      捨てる手間を考えると、チラシを見ておくほうがお得です。

      それでもだめな場合は〔リサイクル〕にします。
      業者さんが振り分けて再利用する為、家電店やメーカーに
      もって行きます。

      法律としてはPCリサイクル法と言うのがあって

      PCリサイクルとは「資源の有効な利用の促進に関する法律」
      (資源有効利用促進法)に従い、

      2003年10月から実施されている仕組みです。
      販売時にパソコンの価格に回収再資源化料金を上乗せするなどして、

      メーカーがユーザーから費用を集める。その代わり、ユーザーがパソコンを処分する際は、メーカーがこれを回収、再資源化するというものだ

      検索の方法

      0
        検索の仕方がパソコンと携帯では違います。

        パソコンを使い慣れている人では
        検索窓に、”携帯の検索方法” などと一気に打ってしまいますが
        携帯では、それは出来ません。

        携帯 検索 方法 などと単語で入力しながら
        深部へ入っていく検索方法しかありません。
        この間、検索結果だけではなくランキングなどの
        別な要素のサイトも入ってきますから
        携帯で検索するのとパソコンで検索するのは
        全然、別の作業になってきます。

        この携帯だけでネットをしてきた人が社会人になると
        パソコン画面で 一語検索を始めるようになります。

        検索方法で、その人のネットの始め方がわかります。
        もちろん最初から携帯は通話とメール
        検索はネットと分けている人も多くいます。

        この垣根を壊しそうなのがアイフォーンの上陸ですね。

        キーの打ち方 2

        0
          パソコンスクールではなくて独自にパソコンを始めた人は
          キーの打ち方がわかっていないときがあります。

          友人に教えていて、よくあるのが
          左側上から2番目の Tab キーです。
          これは、ネットで物を購入するときや情報を記入するときに
          記入窓〔タブ〕を移動できるものです。
          いちいち マウスを動かさなくてもタブを移動できます。

          次に左一番上の半角・全角のキーです
          これは半角英数字とひらがなを変換させるのに使います。

          もう一つはEnterキーの上にあるBackspaceキーと
          その右ななめ下にあるDeleteキーです。

          カーソルの前を消すのがBackspace
          カーソルの後ろを消すのがDeleteキーです。

          色々やってみてください。

          携帯サイト ホワイトリスト ブラックリスト

          0
            学校裏サイトなどの子供に有害なサイトの閲覧フィルター
            についての意見が取りざたされています。

            ネットの言うのは、国境も宗教も政治からも
            独立した世界の共有空間ですから
            なんびとの干渉も受けさせないのが大原則です。
            ・・・・・・・・・・・・・・・記事より
            このフィルタの強化についても、いくつかの課題がある。「1つは、ブラックリストはサイトが立ち上がってから内容を見て善し悪しを判断するが、ブラックだと判定するまでは閲覧できてしまう。もう1つは、必ずグレーゾーンがあること。それを誰が管理するのか

             そして本当に頭が痛いのは「抜け道がないか」ホワイトリストに載っているサイトでも、“サイト内のリンク先まで問題がないか”を確認する必要があるなど、問題は山積みだ。「青少年の保護だけを考えるなら、一番厳しいホワイトリストをデフォルトにせざるを得ない」・・・・・ここまで

            子供向けにフィルターを設置する前に
            大人や先生に詳しい携帯の知識を広めることも
            必要ですね。




            アイフォーンとソフトバンク

            0
              アイフォーンの料金体系がソフトバンクより発表されました。
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・
              機種は容量8GBモデルが2万3040円(月額960円)、
              16GBモデルで3万4560円(同1440円)で購入できる。


               基本料金については、アイフォーンを利用する場合でも通常のソフトバンク携帯と同等のプランが利用できるが、それに加えて新オプションの「パケット定額フル」(月額5985円)と「S!ベーシックパック(i)」(同315円)への加入が必須となる。たとえば従来のホワイトプランに相当する「ホワイトプラン(i)」(同980円)を利用する場合、同7280円からアイフォーンを利用できる。・・・・・・・・・・・・・記事より

              現行のドコモやソフトバンクの他の機種に比べても
              料金は高くなく、ネットを利用している人の間で
              爆発的に広がりそうな予感はします。




              ユーチューブと競輪サイト

              0
                先週 友人に教わり
                競輪のサイトを見てみました。
                友人いわく・・・全国の競輪場のサイトが
                サイズも仕様も違ってとても見にくいとの

                この競輪サイト 各自治体が持っているらしく
                製作者も作り方もバラバラです。

                特にサイト持っていることによる
                売上の増加は、ネットでの投票ですから
                過去のデーター 映像 そこからネット銀行に移行して
                投票に結びつける、一連の流れは統一しなければ使い勝手が悪いと
                思いました。

                ちゃっかり過去のレースの映像をユーチューブに
                乗せていた自治体があったのには
                笑っちゃいました

                アイフォーン 上陸

                0
                  国内で何処が販売権を握るのか注目を集めていた
                  アップル社のアイフォーンですが
                  突如、ソフトバンクからの販売が発表されました。
                  独占販売とは、いかないようで今後 ドコモからも
                  アイフォーンが販売されることがありそうです。
                  このアイフォーン
                  音声通信とデータ通信の同時利用を改良しており、
                  通話しながら容易にWebサイトの閲覧やメールの
                  確認ができるようになった

                  米国での希望小売価格は、記録容量8ギガバイトのモデルが199ドル、
                  16ギガバイトのモデルが299ドル。

                  これって現行のドコモの703 705シリーズより
                  とても安いです。

                  黒いアイフォーン
                  まさに携帯界の黒船来襲ですね。

                  FX詐欺

                  0
                    FX詐欺 告発ブログより抜粋
                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    5月26日、被害者たちの怒りが大手マスコミを動かし、
                    日本テレビの報道番組ニュースリアルタイムで大橋の詐欺商法が
                    取り上げられた。

                    大橋の居宅前にカメラを据え、出てきたところを
                    被害者とともに追及するという、私好みのスタイルである。

                    残念ながら大橋の顔はモザイク入りのイニシャル報道であったが、
                    「商材」「アフィリエイト」という呼び名が全国に流され、
                    情報販売やアフィリエイトを「内職商法」と位置づけて報じられた
                    ことは多いに意味があった。

                    さらに、これまで膨大な詐欺商材を売りさばき、悪質販売者の守護神
                    のごとき肩入れぶりで詐欺商品の返金を拒んできた
                    違法販売サイト運営の株式会社インフォトップ(代表取締役高浜憲一)
                    のサイト画面も「薄消し」モザイクでしっかり放映された。
                    インフォトップや社長の高濱憲一、取締役の菅野秀彦(菅野一勢)らが
                    社会から、そして司法から糾弾される序章であると願いたい。

                    そして、翌週6月3日、多くのメディアで大橋の告発が実名、顔写真
                    とともに報じられ、多くの被害者の溜飲を下げた・・・・・・ここまで


                    必勝法などあれば、とっくに大金持ちがやっていると
                    わかっているのにのに・・・
                    だまされる人が悪いといってはそれまでだが、
                    アフリエイトの世界や、情報商材の世界を
                    ダーティーなイメージにしたのは大罪です。


                    この世の中

                    携帯サギ 出会い系サイト

                    0
                      無料の伝言板やサイトからの誘導が増えています。
                      対策は
                      無料サイトに安易に近づかない
                      不当な請求に対しては支払わない
                      出会い系サイトのメールが届いても個人情報を教えない
                      執ような請求にはアドレスを変更するなどの対応をとる
                      困ったら放置せず消費生活センターへ相談する

                      懸賞や占い、着うたや着メロのダウンロードなどができる無料のサイトにアクセスしたことで、知らないうちに出会い系サイトに登録され、不当な料金を請求されるなどのトラブルが増加している。

                      国会で出会い系サイト規正法と特定電子メール法の改正について審議され、5月末可決、成立した。異性紹介事業者は届出制になり規制が強化されるが
                      施行が年内とあって、かけこみで増えていると思われます。


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:450 最後に更新した日:2016/04/27

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM