ネットで投票

0
    本人あての葉書が送られてきて、本人が出向くのが
    今の選挙の方法ですが、投票所では本人確認は行われません。

    投票率を上げるなら携帯を使ったネット投票はいかがですか
    携帯を購入するときにネット投票のシステムを付けると
    500円割引などにすれば、若い層の投票率は増えると思います。

    携帯に送られてくる選挙クーポンのIDで
    パソコンから投票してもよし、役所で携帯クーポンを見せて
    人力で投票するもよし
    携帯登録の無い人には現行の葉書方式で

    不在者投票の携帯版です。
    このシステムも悪用の方法はいくらでも思いつきますが
    どこかで現行のシステムを変更しなければ
    新しい選挙は始まりません。



    世界のラジオ インターネットラジオ

    0
      以前 お話した 検索窓は世界とつながっているを
      実感するのがインターネットラジオの海外版です。

      パソコンでワードやエクセル
      又、ブログなどを書いているときに流しておくと
      面白いですね。

      このサイトは世界のサイトを集めていて楽しめました。
      外国のインターネットラジオがどんなモノか
      実感してみてください。


      高齢者とアダルトサイト

      0
        初心者 高齢者がネットサーフィンをしているときに
        とても困るのがアダルトサイトを見ているときに画面がフリーズ(固まる)
        したり、登録画面が出てきて登録しなければ動かなくなったりするときです。

        そんなときにあわてて登録画面をクリックすると
        強制的に入会画面になって、ますますあわてます。

        こんなときはパソコンの電源を切って強制終了してしまいます。
        余裕があるときは表示されたサイトのURLを
        警察のハイテク犯罪係りに報告しましょう。

        けっしてあわてないで、ましてや支払いなどに応じないように
        電話でも相談に乗ってくれます。

        ネットにすむ若者達・児童ポルノ犯罪

        0
          児童ポルノの映像をDVDで販売していた若者が
          タイ警察で逮捕された。
          本人は撮影をしておらず、ネット上にある映像を集めてDVDに編集して
          販売していたようです。

          ネット上の画像や動画・文字などのコンテンツは
          誰でもが自由にコピーでき手しまいますが、だからこそ
          使う人のモラルも試されます。

          児童ポルノという犯罪
          違法コピーと言う犯罪

          働くということ、お金を稼ぐということを
          軽く見ている今の若者の風潮をあらわす事件でした。

          フィッシング詐欺 高齢者対策

          0
            先ごろ新たなタイプのフィッシング攻撃を見つけた。JavaScriptでユーザーをだまし,銀行口座に関する重要な情報を入力させようとするものだ。この種の攻撃は,一般的にHTML形式の添付ファイルを使う。メールで届いたこのHTMLファイルを開くと,パソコンのローカル環境で銀行の入力フォームとよく似たWebページを表示し,ユーザーの書き込んだ情報をフィッシング犯のサーバーへ送信する。 ・・・・・・・・・・・ニュースより

            初心者 高齢者が気をつける点は
            知らない人からのメール 身に覚えの無い英文のメールに
            添付されているファイル ゼムクリップ(書類を挟んでいる金具)
            を開かないことです。

            フィッシングという名のとうり
            相手の重要なデータを吊り上げる詐欺ですから
            個人情報を打ち込む場面も、いつも利用している銀行の画面や
            決済の画面にとても似ています。

            怪しいサイトと怪しいメールには、ご注意

             



            ネットで遊ぶ。

            0
              インターネットが世界の多くの場所とつながっているのは
              事実ですが、ネット利用者は実はそんなに複雑な動きはしないようです。

              まず、電源を入れてメールのチェック
              次にニュースのチェック、気になるスポーツ欄や芸能欄を見たら
              人によっては株価のチェック、為替のチェックなどをして大体がおしまいです。

              そしてその後何処へ行くと思いますか?
              その後はミクシーやアメブロなどの同好の志が集まる
              ソーシャルネットワークサービス(SNS)で遊びます。

              見知らぬ人より友人同士のほうが話が弾みますからね。

              囲碁の対戦をしたり、競輪 競馬を楽しむ人もいるようです。
              これも同好の志の集まりですね。

              怪獣の作り方をユーチューブで検索

              0
                何か調べ物をしようと言うときに
                まず自分の検索窓に言葉を打ちます。

                これででてくるサイトには、役立つものもありますし
                上位に表示されていても役に立たないサイトもあります。

                探し物は漠然としている場合と、人名など固有名詞で
                はっきりしているものがありますが、はっきりしている場合は
                ぜひ、ユーチューブで検索してみてください。

                人名では、思わぬ講演の様子や過去に放映された
                映像を見ることができます。

                依然面白かった映像で(怪獣の作り方)がありました。
                色々ユーチューブ検索やってみてください。



                インフルエンザと内田 樹

                0
                  以前興味があった古武術の甲野先生の体験授業のようなものを
                  受講したことがある。
                  体の使い方、介護や階段を上るときの、まさに身のこなし方を
                  目の当たりにして感銘しました。

                  経歴の中に 神戸女学院の客員教授の肩書きをみて
                  調べていくと野口体操の野口先生や
                  (寝ながら学べる構造主義)の内田樹先生へと
                  興味は広がっていった。

                  この内田樹先生は息子たちの世代の評判もよく
                  紹介してもらったブログも読み始めました。

                  最近の新型インフルエンザのコラムも秀逸なので
                  読んでみてください。

                  特に結びの部分は納得です。

                  パソコンに向かないもの

                  0
                    この時期、大学の新入生も授業になれて
                    ノートパソコンで車中で宿題なんてやったりしています。

                    学部によってはパソコンは必須ですから
                    色々なソフトをインストールして宿題を出します。

                    建築ソフトでフリーソフトのグーグル・スケッチアップなどで
                    できた3Dの図面などは素人には、とてもすばらしく
                    つい、ほめてしまいます。

                    しかし、この建築とが芸術の宿題に、やたらとパソコンを使うのが
                    このごろの学生だそうです。

                    手書きで、何度も書き直したり、筆の速度や紙の風合いなどにも
                    気を使って仕上げてもらいたい宿題なのに
                    きれいに、間違いの跡ものこさづにパソコンでやってしまう

                    この風潮にこまって
                    パソコン使用の禁止をうたった宿題もでているようです。



                    高齢者のパソコン

                    0
                      ネットの世界は検索窓に言葉を打てば
                      英語なら英語圏のページへ、日本語なら日本語のページへ
                      自由に動けます。(中国語,韓国語はキーボードの設定と変更が必要)

                      ところがそのネットサーフィン以外に自由でないことが
                      報告されています。

                      最初にパソコンを購入されたときのポータルサイト(玄関)
                      OCNやMSN(慣れてくるとグーグルやヤフーに変えたりしますが)
                      の見出しの中を泳いでいるだけになることが多いようなのです。

                      一度ポータルサイトを変えてみてはどうでしょうか
                      パソコンライフが一変します。

                      ヤフーではトップページの上の方に、このページをトップページにする
                      ボタンがありますし、グーグルでは自分のアカウント(メールアドレスと暗証番号)をとれば自由に自分らしく変更することができます。

                      一度やってみてください。


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:450 最後に更新した日:2016/04/27

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM