ガザからの報告 土井敏邦

0
    <パレスチナ報告会>

    「ガザ攻撃から1年半・いまパレスチナはどうなっているのか」


    【趣旨】

     シリア、イラク、IS(イスラム国)情勢一色の中東報道のなか、ほとんど伝えられなく
    なったパレスチナ情勢。2200人近い犠牲者を出したガザ攻撃以後、ガザはどうなったのか。
    なぜ、ヨルダン川西岸や東エルサレムで殺傷・射殺事件が頻発するのか。
     現地に長期滞在した日本人専門家、攻撃の爪あとが生々しく残るガザを取材した
    ジャーナリストたちが現状を報告する。
     さらシリア、イラク、イラン、さらに湾岸諸国など中東全体の激動が、パレスチナ・
    イスラエル情勢にどういう影響を及ぼしているのか。逆にパレスチナの動きが、激震する中東に
    今後、どういう影を落としていくのかを中東専門家らが解説する。


    【内容】

    1)「ラマラから観たヨルダン川西岸の混沌」
    塩塚祐太(2011年、ビルゼート大学留学。2012年より3年間、ラマラの日本政府代表
    事務所に勤務/元「草の根無償資金協力調整員」)


    2)最新ドキュメンタリー映画「絶望の街―ガザ攻撃から15ヵ月後」(100分)
            〔土井敏邦 監督作品/今回 初公開〕

    (被害家族に広がるハマスへの失望と怒り。封鎖政策でガザ経済は
    瀕死状態が続く。失業し将来が見えない若者たちの憤怒と絶望感。
    内部からの告白証言でハマスの腐敗の実態が初めて明らかになる。
    国際社会から忘れ去れた現在のガザ住民の心情・苦悩を描いた
     証言ドキュメンタリー)
     


    3)鼎談「パレスチナ・イスラエルそして中東はどうなっていくのか」

    ・ 臼杵陽(日本女子大学教授・中東研究)
    ・ 川上泰徳(中東ジャーナリスト・元朝日新聞記者)
    ・ 土井敏邦(ジャーナリスト)


    【日時】2月20日(土)/午後1時(開場)/午後1時半(開演)/午後5時終了

    【場所】 明治大学・駿河台キャンパス/研究棟 第9会議室(2F)

    【資料代】1000円(学生500円)

    【主催】土井敏邦・パレスチナ 記録の会
    【共催】社会思想史研究会

    【連絡先】doitoshikuni@mail.goo.co.jp


    *「ガザに生きる」(5部作)BOX 完成!
      完成までの長い道のり、各章に込めた思いと狙いをコラムに書きました。
      各章の【予告編】をご覧になれます。

    コラム「なぜ映画『ガザに生きる』(5部作)を制作したのか」
      http://doi-toshikuni.net/j/column/20160121.html


    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:450 最後に更新した日:2016/04/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM