放射性物質と毎日の食事

0
    今月は避けては通れない放射能と食事の話です。 
      ̄れや土をよく洗い流す。2、葉物野菜はよく水洗いし、30分水につけ、再度洗うとストロンチウムセシウムは水溶性なのでかなり落ちる。ゆでる煮る酢に漬ける塩でもむなどで排出されやすくなる
     ∩瓩排泄する 便通を整えましょう。たまった不要物の75%は便として出て行きます。野菜や果物、芋類、海藻、こんにゃくなど食物繊維が不足しないように。とくに(リンゴのペクチン)がセシウムの排泄に有効。清浄な水、麦茶、番茶などで水分も補給 甘い水分冷たすぎる水分は代謝を悪くし回復力を落とすのでダメ
     お茶、柿の渋、栗の渋に含まれるタンニン化合物。植物に含まれるフラボノイド類など。昆布、柿の葉茶、番茶、野菜をたっぷりとるように。防御作用が強いのはみそ。熟成したみそ、納豆、発酵した漬け物、梅干しなどは解毒し腸を丈夫に
     ぬ髪嵶呂鮃發瓩襦4靄椶蓮崙本の伝統食」長崎の秋月辰一郎医師の指導の元で生き延びた人々は、毎日玄米にごま塩ワカメのみそ汁カボチャの煮物梅干しに薬草茶などをたべていたそうです。砂糖や肉乳製品を減らし、ご飯にみそ汁に漬け物、野菜料理に豆腐や魚など、和食を心がけましょう。
     広島の原爆被爆者でもある肥田舜太郎医師の講演会から勉強しました。
    今月も自信を持って、お弁当作っていきたいと思います。(自家製のカレーにはリンゴのすりおろしが入っています)


    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:450 最後に更新した日:2016/04/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM