発酵食品と毎日の食事

0
    発酵食品は大昔から食べられていて、健康維持のためには欠かせないものとなっています。 この発酵食品には、
    有名なところで、ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、醤油、味噌などがあります。 さらに、日本酒、焼酎、ビール、ワイン、パン、鰹節、ぬか漬け、たくあんなども製造の過程で利用された微生物がカビなのか、細菌なのか、酵母菌な
    のかの違いがあるだけで、これらも発酵食品の仲間です。
    発酵食品の効能は乳酸菌は腸内環境を整えて、便秘解消に役に立つことは有名です。これは、乳酸菌が増殖す
    ると乳酸と酢酸という代謝物が作られ、それらが腸内を弱酸性に保ち悪玉菌の増殖を防ぐからだといわれていま
    す。 さらに、食生活が欧米化した日本では大腸がんが年々増えてきていますが、乳酸菌の含まれた発酵食品を摂
    ることで、発がん性物質を排出させる効果が認められています。 しかし、この乳酸菌を摂取したからといって、全て
    が腸にまで到達するわけではないのです。その理由は、人の持つ胃酸と胆汁酸にあります。 これらの酸は、人の
    体内に入ってきた細菌が勝手に増えないようにバリアーする役割を果たしているのですが、乳酸菌もここでやられ
    てしまい、生きたまま腸に到達することがなかなかできないのです。 ですので、現在では生きたまま乳酸菌が腸ま
    でいけるように、工夫がされています。 様々な発酵食品がありますが、例えば便秘を解消しようとした場合、日本人
    には体質的にみるとヨーグルトを摂取するよりも、納豆を摂取する方が体質的に合っているようです・・・・・
    ここまでは、いつもの“栄養と料理”やネットでお勉強してきました。
    腸が健康になると、お肌もきれいなるらしいです。
    食べることは明日の自分への大切な思いやりです。


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:450 最後に更新した日:2016/04/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM