最近の映画のお話(北野さん、辞め時です)

0
    立て続けに、映画館で邦画を見た。

    駆け出し男と、駆け込み女 井上ひさし の原作 (東慶寺花だより)
    にひかれてみた。非常に良い出来で感心した。主演男優の軽妙さも、江戸時代の戯作者にぴったりで
    前作の 秀吉役よりも、はまり役に見えた。
    若い女優さんも魅力があり わきを固めるベテランも樹木希林をはじめ
    しっかり仕事をしていました。

    それに引き換え
    北野武の 龍三と七人の子分たち ?
    才能がどこにも感じられない。シナリオがだめ 俳優のキャラがたたってない
    美術もダメ どこにも記憶に残るシーンがない
    人間が欠けていないのが致命的
    前作のアウトレイジ1.2も 美術がチャチでひどかったし
    予算を使って駄作を作るより プロデュースに回ったほうが良いんでは?

    誰か猫の首に鈴をつけては?


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:450 最後に更新した日:2016/04/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM